紙ランチョンマット・紙パッキン・ラッピング用品の明和屋


公式サイトバナー小

明和屋(有限会社明和紙工)

Facebookページも宣伝

『クレープ紙』とは?
表面に凸凹(立体的なシワ模様)を付ける加工をほどこした紙です。
似たような種類で、型に押し付けて凸凹模様をつけるエンボス加工がありますが、クレープ紙の場合は1枚
1枚に個性があり、同じ模様はありません。柄無しであっても、フラットな紙に比べ紙自体に表情があり、
和紙のような雰囲気もあります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜクレープ加工する?
簡単に言えば、紙の強度を増し、包装する品物に馴染みやすくする(=包みやすくする)ためです。
和紙のような風合いが生まれ高級感が出る、など、見た目上のメリットもあります。
クレープ紙表面拡大画像



強度が増すってどういうこと?
ピンッ!と張った紙には「伸び代(のびしろ)」
がありません。その為、一定以上強く引っ張たり
包む物の角に当たる等で紙が破れてしまいます。
一方、立体的なシワ模様が付いたクレープ紙には
紙自体に適度な遊びが出ます。紙の形や大きさが
変わる程ではありませんが、シワの部分が伸び代
となり、包む際に少し引張ったり、品物の角に当
たる等の衝撃にも破れにくくなります。

また、クレープ加工に必要な樹脂の使用によって
も、加工前の物に比べ、強度が増すといえます。







なぜ、包みやすくなる?
先述の通り、クレープ加工によってもたらされたシワは伸び代となります。
ラッピングシーンで登場するのは、四角い箱ばかりではありません。筒状、ハート型、球形のものなど
形は多種多様にわたります。
タックを取るなど、ラッピングテクニックも工夫されてはいますが、クレープ加工をほどこしていると、
紙そのものに多少の伸縮性が備わるため、 球形などカーブした物を包む際にも、紙自体が形に馴染み、
フラットな紙に比べ包みやすさがアップ
すると言われています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

明和屋の歩み
当店を運営する明和紙工は、昭和52年から30年余に渡りクレープ加工をメインに営んで参りました。
始まりは電線やゴムといった工業用資材を包装するためのクレープ紙の製造でしたが、15年ほど前
現在ではポピュラーな、2枚のカラー原紙を貼り合わせてクレープをかけたラッピングペーパーを開発。
開店祝でもよく贈られる、鉢花などのラッピングペーパーとして売り出しました。
元々、工業用包材としてのクレープ紙製造をしていたこともあり、紙を貼り合わせたり、糸を挟むなど
強度を増す技術があったので、「ただ綺麗なだけ」ではなく、実用に耐えうる強度・品質を持った商品
として現在も流通しています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

質へのこだわり
当店で扱うラッピングペーパーやランチョンマット、新・書道用紙はすべて、このクレープ紙
を使っています。

紙を漉く段階で染めているので、水に濡れて色がにじみ出る心配もありません
原紙は大王製紙製。クレープ加工〜包装まで、全て自社で行っております。
安心してお使いいただける 日本製です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ショップより】
使って下さる方に応じた商品のご提案が出来る様心掛けています。
お気軽にお問合せ
下さい。